スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
ショートショート 【掃除のおばあさん】
カテゴリ: 【ショートショート】 / テーマ: ショートショート / ジャンル: 小説・文学
ある有名お嬢様学校の帰宅風景。

生徒たちは、平気でお菓子のゴミなどを校門前に捨てていく。

それを、毎日毎日、必死になって掃除をしているおばさん、というよりは、もうおばあさんぐらいの年齢の人がいた。

「あんな歳になってまで働かなくちゃいけないなんて、惨めねぇ~」

おばあさんのそばを通った生徒の集団が、くすくすと笑いながら、そう吐き捨てて帰っていった。


~~

「・・・もう、掃除などやる必要はないのではないですか、理事長」

「掃除は私の趣味だからね。気にすることはないよ」

「しかし・・・」

「ゴミを捨てても構わない。私だって、そんな時期があったものさ。それを片づける番が、私にまわってきただけの話」


「でもね、私はいつだって、心は捨てていなかったつもりだけどね」


~~

という妄想を重ねながら、日々屈辱に耐えつつ、黙々と掃除をするおばあさんであった。



【あとがき】

これも、実話を元にして書いた小話です。
私の知人が、某有名女子大学の前を通りかかったとき、その大学の生徒らしき集団が、掃除のおばあさんに対して、この通りの台詞を吐いたそうです。
それに対し、知人は「あなたたちの方が、よっぽど惨めなんじゃない?」と言ったそうなんですが、生徒たちは完全無視だったとか。

その大学は人間性の向上に力を入れていることで有名なんですけど、そういった生徒が一部でもいることを聞いて、なんだか悲しかったです。
スポンサーサイト
編集 / 2012.06.11 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
お知らせ
無事に退院することが出来ました。ありがとうございます^^
新しいブログもよろしくお願い致します。
6月27日
カテゴリ&月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。