スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
第一話 【転校初日】
カテゴリ: 【トイレが友達】 / テーマ: 自作連載小説 / ジャンル: 小説・文学
あかりが母親と共に××中学校に訪れてはじめに思ったことは、随分綺麗なトイレがあるんだな、というものだった。
本当にどうでも良い感想だったが、前にいた中学では、汚いトイレばかりだったので、やっぱり都会は違うなと関心したのだった。
ただ、駅のトイレでも綺麗なところと汚いところがあるように、ほんの数箇所だけ、忘れ去られたように、汚いトイレもあった。
だからどうしたということではないが、やはり、汚いところよりも、綺麗なところを使いたいな、とあかりは思った。
まさか、自分が汚いトイレの方だけを使うことになる日が来ることなど、このときは予想もしていなかった。

「それでは、大川さんは2年C組になります」
職員室の横の、普段は生徒指導室として使用されている部屋で、あかりは校長からそう告げられた。
「私が担任の鈴木 貞治です。これからよろしくお願いします」
そう言った男は、一般的に見て不細工で、校長よりも歳をとっているようで、あかりから見たらただのおじさんだったので、正直あかりは鈴木が担任であることを残念に思ったが、まあ担任と一日中過ごすわけではないし、とすぐにあっさりと気持ちを切り替えた。
「じゃあ、大川、教室に行こうか。お母さん、ありがとうございました」
「こちらこそ、娘をよろしくお願い致します」そう言って、母親は先に帰っていった。

「あれが転校生だって」「足、細い~」「結構可愛いね」
鈴木と共に校内を歩きながら、そんな生徒たちの声を耳にして、あかりは恥ずかしいような、まんざらでもないような、そんな気持ちだった。
そして、転校生が来ることが、そんなに評判になっていることに、少し驚いた。
鈴木は無口なのか、あかりに関心がないのか、何も話しかけてこなかった。

2年C組の前にたどり着くと、外からでもその騒がしさが伝わってきた。
鈴木はガラッ、と勢い良く教室のドアを開けると「静かにしろ!」と大声で生徒たちを一喝した。
あかりは、少し嫌だな、と感じた。前の中学の担任は、もっと上手に生徒たちを静かにさせていたからだ。
案の定、生徒たちもしぶしぶながら席に着き、話すことをやめた。

そして、視線はあかりに対して一気にそそがれる。
「センセー、その子、先生の愛人ですかぁ?」
クラスのお調子者といった印象の男子がそう発言し、笑いをとる。
「黙れ。転校生の紹介だ。大川、自己紹介出来るな?」
そう言われ、何も準備していなかったあかりは慌てたが、とりあえず「初めまして。埼玉県の中学校から転校してきました、大川あかりです。よろしくお願いします」と、しっかりと言った。
「席はその前から三番目の空いているところだ。じゃあ、皆仲良くするように」
あかりの自己紹介をさえぎるかのように鈴木は言って、さっさとホームルームの準備を始めてしまった。

あかりは、どの席が自分の席なのかさえも分からず、少し困惑した。
すると、目のぱっちりとした、目を惹く美少女が「こっちこっち!」とあかりに手招きをした。
その隣の席に行くと「ここがあかりんの席。あっ、あかりんで良いよね?」と元気にその少女は言った。
「よろしくね。私は、櫻井 美咲だから。ミサで良いよ。転校生が可愛くて、超嬉しい~」
元気に話すミサに少し押され気味になりながらも「よろしくね、ミサちゃん」とあかりは答えた。
長いまつ毛がとても綺麗だな、と、あかりは、ミサの容姿に惚れ惚れとした。
「おい、大川、だべってないで早く席に座れ」と鈴木が言ったので、ミサの隣にあかりは座り、ホームルームが始まった。

その後、ミサが色々と世話を焼いてくれ、ミサの友達を紹介してもらったりしたが、あかりは、××中学のルールについていくことが精一杯で、なかなかミサ以外の子の名前を覚えることが出来なかった。
そもそも「なんで転校してきたの?」という質問を皆からされることが多くて、両親の離婚がきっかけで転校してきた・・・とは言いにくく、どう返せば良いのか悩んでいるうちに、だんだんあかりは自分が内気になっていくことに気がついた。
元々気が強いはずの自分だったが、案外弱いところもあるんだな、と思い知らされた。

ようやく放課後になって、家に帰れるとなったときに、心底ほっとしたものだ。
今日は家でゆっくりと休もう、アイスでも食べようかな、そんなことを考えながら、帰り支度をしていると、ミサが声をかけてきた。
「あかりん~、転校初日お疲れさま☆これ、私のメアドだから」そう言って、ミサは紙を渡してきた。
「あっ、ありがとう」思いがけないクラスメートと親しくなるきっかけに、あかりは素直に喜んだ。
「それと」間髪入れずに、ミサが続ける。

「この学校は、KYだったらやっていけないから」
そう言ったミサの瞳は、とても冷たかった。
スポンサーサイト
編集 / 2012.05.31 / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
お知らせ
無事に退院することが出来ました。ありがとうございます^^
新しいブログもよろしくお願い致します。
6月27日
カテゴリ&月別アーカイブ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。